イケミのプロフィールはこちら

【初任者教員必見】人間関係の悪化によりつぶれない方法を紹介します【価値観の合う仲間と出会う】

この記事の内容

初任者教員として学校に赴任すると,職場の先生や子供との人間関係がうまくいかなくなる場合があります。理由としては,価値観のズレや意見が合わない,学校の慣習に疑問を感じる,など人によって様々です。人間関係の悪化はつぶれてしまう方法の大きな要因になり得ます。人間関係がうまくいかなくなった時にどのように対応するか,その方法や考え方について考えてみました。

1 職場での人間関係がうまくいかないことが一番苦しい

実践がうまくいかない,子どもとの関係がうまくいかない,同僚との関係がうまくいかないなど様々な“うまくいかない”が待ち受けています。

 

2 人との関係がうまくいかない時はつぶれてしまう前兆

「実践がうまくいかない」というのはあまり精神的ダメージは大きくありません。「ここまで一生懸命考えたのにうまくいかなかった」と落ち込むこともあるかと思いますが,その都度修正していけば良いし,何より次の日も授業があるしチャンスはいくらでもあります。

 

結局,人はどんな時が一番苦しいかというと,「人との関係がうまくいかない時」が一番苦しいです。

いくら努力しても子どもとの関係がうまくいかない,職場の先生との関係がうまくいかない,こんな時はめちゃくちゃ苦しいです。子どもと職場の先生のどちらかとうまくいっていないならまだしも,双方とうまくいっていないならもう僕だったら不登校になりますね

もしこうなってしまったら,無理してまで学校に行かなくて良いと思います。最悪の場合,自暴自棄になり,鬱や自殺未遂にまで事態が深刻してしまう可能性も考えられます。

自分の命が最優先です。

 

では,うまくいかないことでつぶれてしまうことを防ぐ方法について書いていきます。

 

3 つぶれないための考え方

①その世界は自分にとって一部

 人生100年時代,その中のたった一部がうまくいっていないだけです。自分の人生全てがうまくいっているなんて人はいません。もっと世の中を俯瞰してみると良いです。

 また学校にいるだけが自分の人生ではありません、それはほんの一部です。家族といる時の自分,友達といる時の自分,好きなことをしている時の自分,色んな自分があります。全ての自分がうまくいかなくても良いではないでしょうか?

②責任は自分だけにあるわけではない

 うまくいかないのは,自分のせいだけではありません。何かうまくいかなかったら“それはあなたのせいだ”だけで終わってしまう世界,果たしてこれで良いんでしょうか。周りの人は精一杯支えてくれたんでしょうか。僕の場合,ものすごく辛い時期がありましたが,本当に周りの先生や子供が助けてくれて何とか再生することができました。

③価値観の合う仲間を見つける

 “何だかうまくいかない”その悩みに本気で共感してくれる人って世の中にはたくさんいます。なんか職場の先生と価値観が合わないなあと思っても,実は近くに価値観が合う人がいるはずです。ぜひ,色んなところに足を運んで価値観の合う人を探してみても良いかと思います。

4 終わりに

コロナが徐々におさまり学校再開の地域が増えてきました。そのぶん働く時間も増えたり,悩みが増えたりするなど,ストレスがたまり始める時期です。

ストレスがたまりすぎてつぶれてしまうことのないよう,

一人ひとりが生活しやすい学校になれば良い!!

というのが僕の願いです。何かうまくいかない時,少し考え方を変えてみるだけで,世界がガラッと生まれ変わることを願っています。

では!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です