イケミ先生ブログ〜教育についてひたすら考え続ける教員〜

どのような教育が良い教育か?幸せとは何か?答えのないゴールを目指して生きています!!読者登録していただけると嬉しいです✨

長野県教員採用試験【今年のテーマは“チーム学校”】

この前の土日,教員採用試験だった自治体は多くありました。 僕が住んでいる長野県も教員採用試験が行われました。 僕の弟の友達が試験を受けたようです。 小論文または集団討論では“チーム学校”というテーマがあったようです。 文科省HPでも,これからの学…

【若手教師の戯言】教師がブログを書く理由【教師の価値観のみで子どもを見ようとしない練習】

この記事は,教師である僕がブログを書く理由について書いています。 昨年の5月からブログを始めたイケミです。 いつの間にか1年が過ぎていました。 教師である僕がブログとして教育に対して考えることをウトプットしている目的は 【より良い教育について…

【疑問】個性重視の教育っていうけど実際はどうなの??【何でも“個性です”だけ言うのは浅はか】

この記事は個性重視の教育について,どのような個性重視の教育について考えていきます。 先日Abema TV であるニュースを見ました。 abema.tv ここでは,校則の是非にも議論されていて,僕自身もとても考えさせられました。 ブラック校則について言えば, “そ…

【子どもの見方】休み時間もひたすら勉強する子について考える

今回も教師としての【子どもの見方】について書いていきたいと思います。 今日の事例は,“休み時間も時間を見つけて勉強する子”というテーマです。 では,いきましょう。 前回の記事はこちら ↓ www.ikedisk.com 1 子どもの事例 2 その子をどう捉えるか 3 …

【子どもの見方】責任感のある子どもって良いのか???【誰のための責任感なのか?】

最近の記事では,お互いに理解し合うことができる関係を重視した学級経営について考えてきました。 www.ikedisk.com www.ikedisk.com 今回の記事では,これらを踏まえ,僕が子どもをどのように見ているのかについて,具体的な事例も含めて書いていきます。 …

【即効性あり】一斉授業の以外にもっと学びやすい方法はある【子どもの実態に応じて変えていく】

この記事は,普段学校で当たり前に行われている“一斉授業は限界があるのでは?”という内容です。 理由としては,まず一斉授業を成立させるためには,非常に多くの必要条件があるからです。 また,みんなで全部一緒にする必要って果たしてあるの?という問題…

【読書のススメ】非認知能力を育むために学校では何ができるのか??【HELPING CHILDLENを読んでみて】

先日,「HELPING CHILDKEN」という本を読みました。 私たちは子どもに何ができるのか ― 非認知能力を育み、格差に挑む 作者:ポール・タフ 発売日: 2017/09/06 メディア: Kindle版 この本は,“非認知能力”と言われるテストの点数など数値として測ることができ…

【教員向け】学習規律が身についた=自律なのか???【それって先生や学校の都合では???】

この記事の内容 この記事は,学習規律と自律の関係について書いています。 前回の記事で,学習規律とは, ①大人の都合により学習を効率的に行うために必要なもの ②生活していく上で必要なこと の2つあることについて書きました。 まだ読まれていない方は,…

【教員向け】学校の働き方改革の意義【①ストレスフリーな仕事②持続可能な仕事】

学校での働き方改革が話題となっています。僕も現場で働いていて「早く帰る」ということを意識しています。実際はなかなか帰ることができませんが笑 それでも,できるときはなるべく早く帰ることを心がけています。 働き方改革を積極的に行なっていくことは…

【学校の人間関係の悩み】教員どうしの人間関係が悪化する理由と激減する方法【学校現場を風通しの良い場所に!!】

この記事の内容 この記事では,教員どうしの人間関係が悪化する理由と激減する方法について書いています。 同じ職場の人に陰でコソコソ愚痴を言う人がいます。 なぜ,そんなことが起きるのでしょうか? そこには,学校の年功序列というシステムや,同調圧力…

【教員採用試験対策】小論文を迷わず書けて高評価をもらえる方法【書き方と自分自身の経験談があればOK】

この記事の内容 教員採用試験の一次試験には“小論文”がある自治体が多いです。 この“小論文”ですが,1回コツを掴むと,スラスラ書けるようになります。そのために必要なこととして,①書き方のコツを知ること②自分自身の経験談を用意しておくことがあります…

【人間関係】教員として働くことが辛い人が困ったときに頼るべき人【自分の価値観に共感してくれる教員】

この記事の内容 学校現場でのうまくいかないということについて,主に職場での人間関係が大きく関係しています。 特に同僚との関係は大きいです。 「教員として働くことが辛い。だけど,教員として働き続けたい」と思われている方は誰に頼れば良いか,自分の…