イケミ先生ブログ〜教育についてひたすら考え続ける教員〜

どのような教育が良い教育か?幸せとは何か?答えのないゴールを目指して生きています!!読者登録していただけると嬉しいです✨

【教科担任制・学年担任制度って何?】どのような教科担任制・学年担任制が良いかを考える

 

近年,全国的に小学校高学年での教科担任制や中学校での学年担任制の実践が出てきている。

今回は,教科担任制・学年担任制について考えていきます!!

 

f:id:taku31127:20200322195736j:plain

 

1 教科担任制・学年担任制度って何?

教科担任制とは?

全ての教科の授業を一人の担任が行うことをやめ,一人が特定の科目を担当し,複数の学級で授業を行っていく仕組みのことをいう。

中学校ではこの方法が一般的だが,これを小学校高学年でも行うというものだ。中教審でも2022年から教科担任制を6学年に本格的に導入していくという方針を打ち出している。

 

学年担任制とは?

従来の一クラスに一担任といった固定担任制を廃止し,全ての先生でその学年・クラスを見ていくといったものだ。1年間A先生は1組担当ということはなく,期間ごとに担任が順番に入れ替わる場合もある。

 

2 なぜ教科担任制・学年担任制が話題になっているのか?

1 それぞれの専門教科の授業を行うことができる

まず教科担任制について,小学校であれ高学年になってくるとそれぞれの教科でも専門性は増してくるから,それぞれの専門の先生が授業を行った方が良いという理論である。

 

2 学級という息苦しさを感じている子どもの負担を減らす

また,子どもと担任がうまくいかなくなってしまった場合,教科担任制にすることによって,その子と実際の担任の先生が一日中会う必要がなくなり,その子にとって居心地の良い生活ができるという理由もある。

 

3 子どもが困った時に相談しやすい環境に!!

学年担任制についても上と似たような理由で,子どもと担任の関係がうまくいかなかった場合が大変ということや,学年担任制にすることによって,子どもが困った時に相談しやすい先生を選ぶことができるという理由がある。

また,若手の先生とベテランの先生のクラスで指導力にバラツキが出てきてしまうことも懸念され,平等に子どもを見ていけるようにすることで子どもにも保護者にも安心感をもってもらうことができる。

 

3 どのような教科担任制・学年担任制が良いか?

上に書いたように,それぞれの制度にはかなり大きなメリットがある。

しかし,“メリットがあるからじゃあやろう”ということはかなり大きな落とし穴がある。それも上からのトップダウンでこういう制度を行うように指示を受けると現場からはかなり大バッシングがあることは間違いない。

“別に現状のままでうまくいっている”

“固定担任制ならではの良さがある”

“子どもが話しやすい環境にするって,よじれた担任との関係は良くならないんだから本質的な解決にならないじゃん”

など様々な不満が出るだろう。

 

1 固定担任制の良さもある

実際に固定担任制ってのもけっこう良い。それぞれのクラスのカラーが出るし,隣のクラスはプログラミングをしているけど,自分のクラスでは農業体験をしているなどお互いに刺激し合うことができる。一人ひとりの活躍する場をつくることができる。

 

2 その場にいる全員が納得する形での導入を!!

結局のところ,上からのトップダウンではなく,現場の先生が教科担任制・学年担任制が必要かどうか見極めて,必要であれば行っていけば良いと思う。あくまで一つの選択しにすぎない。(流動性は大事にしたいけど)

学年ごとに十分に吟味して,全員が納得すれば行うというのが良いと思う。

この“全員が納得”ということが超重要。

納得しないで制度ありきで行ってしまえば,必ず後で不満が起きる。

どうかトップダウンではなく,学年でより良い方法を探っていけるような現場であってほしい。

教師の教育の自由化こそが目の前の子どものためになるんだから・・・

 

f:id:taku31127:20200322195728j:plain

4 終わりに

新しい実践をそのまま鵜呑みにするのではなく,目の前の子どもの実態に合わせて実践を行っていくことが大事で,教科担任制や学年担任制もその中の選択肢の一つとして使っていけると良いのかなあという感じです。