イケミ先生ブログ〜教育についてひたすら考え続ける教員〜

どのような教育が良い教育か?幸せとは何か?答えのないゴールを目指して生きています!!読者登録していただけると嬉しいです✨

【怒】教師いじめ東須磨小学校の子ども達へ一言【これは人生の一部にすぎないから気にしないことが一番】

教師いじめについて,テレビやSNSでかなり話題になっている。

とても悪質であるということと,教える側である教員が悪いことをするとなると,世間的には面白いからしょうがないが、、、

多くの人が意見を言っているので,自分も便乗してここに記録しておく。

一言で言うと,子どもが本当にかわいそう

①校長はいじめに気づかなかった→本当に??

→もし気づかなかったとしたら校長の職務であるはずのマネジメントができていると言えるのだろうか。

②ベテラン女性教員は被害者をかわいがっているつもりだった→何を言っているの?

→これいじめをしている人がいう典型的な言葉

 “いじめているつもりはなかった。いじりという一種のコミュニケーションのつもりでやっていた”

③いじめというレベルでは済まされない。

今回の教師いじめをきっかけに,職場の組織のあり方について考えた方が良いと思う。昔の価値観と今の価値観は違うんだから,本当にそこを見つめ直さないとまた同じように苦しい思いをする人が出てきてしまう。

未だに現場にはパワハラやセクハラが存在する。

グレーゾーンもけっこうあると思う。

組織という構造の問題を本当に顧みるべき。

 最後に自分がもし,教師いじめの小学校にメッセージを伝えられるとしたら,こんなことを伝えたい。

 「大人が全員,今回の先生達のようにいじめをしているわけではありません。運が悪くそういう大人に出会ってしまったということです。周りには素敵な大人や先生はたくさんいます。ぜひ,そういう素敵な大人にこれから出会う機会はたくさんあると思うので,出会って欲しいと思います。

また,今回の教師いじめが一人ひとり人生の“全て”ではありません。人生の一部にすぎません。気にしないことが一番だけど,もしそれが難しければ隣にいる人と助け合ってください。そうすれば教師いじめの比重が自分の中で少しずつ軽くなって,一歩一歩前に進むことができます。」 

子ども達に頑張って欲しい。