イケミ先生ブログ〜教育についてひたすら考え続ける教員〜

どのような教育が良い教育か?幸せとは何か?答えのないゴールを目指して生きています!!読者登録していただけると嬉しいです✨

自立の芽

昨日の朝のこと

全校音楽が終わり、ちょっと用事があって1時間目に遅れてしまった

子どもたちはどうしてるかなあと思って遅れて申し訳ないと思いながらも、すこしドキドキしながら行く

だいたいこういう時は、おしゃべりをしている

〝まあ、自分も遅れてしまったし何も言えないな〟

というような感じ

今日もそうかなあと思って教室に入ってみると

まさかの宿題のマルつけをしていた!!

 

き、き、キタァーー!!!!

 

どうやら当番の子が、

「マルつけしよう」

と声をかけてくれたらしい

1人の子の大活躍により、学びが進んだ

思わず感動して価値づけてしまった

同調圧力とかではなく単純に、

その子が

〝何かした方が良いかなあ〟

と考えて行動に移したことがすごいと思ったから

そういう子は1時間目も流れに乗って大活躍

グループで考え合う場面で、自分だけで進めるのではなく、周りに〝ここまでは大丈夫?〟と声をかけながら進める

もともと優しい子ではあるのだけれども

普段はGRID力がもう少しあればなあと感じている子の大活躍

自立の芽を感じた

どうかリーダーシップをもっと発揮してクラスを盛り上げていっとくれ!