イケミ先生ブログ〜教育についてひたすら考え続ける教員〜

どのような教育が良い教育か?幸せとは何か?答えのないゴールを目指して生きています!!読者登録していただけると嬉しいです✨

夏休み一人教員研修②

夏休み一人教員研修で教育について考えています。 ブログ書く&教員仲間や企業で働いている人などいろんな方に意見をもらいながら,今日も教育って一体なんなのか考えています。 これまでの記事はこちら www.ikedisk.com www.ikedisk.com では,今日の思考で…

夏休み一人教員研修①

一貫した教師軸をもつための一歩として,自分の大事にしていることを明確にする ◯教育の目的→人格の完成 言い換えると個人の生き方の形成 主語は集団ではなくあくまで個であり,個は子ども一人ひとり ◯先生の役割は,その子の生き方形成を支えていくこと そ…

【教員】夏休みにやること【教育論・学級経営の見直し】

夏休みに突入しました。 今年は夏休みが短い分,集中して勉強に時間を注ぎたいと思います。 コロナにより外出することもなかやか難しいため,家にいる時間が多くなりますが,決してダラダラせず,大切に時間を使っていきたいと思います。 さて,夏休み僕は,…

学級崩壊を引き起こさないために【関係づくりはとても大切です】

学校で働いていると,絶対にあって欲しくないこと その一つに『学級崩壊』というものがあります。 「学級崩壊になりたい」「学級崩壊のクラスをもちたい」と考えている先生はまずいないと思います。 中には,学級崩壊のクラスを立て直すことに自信をもってら…

どういう同僚性が良い同僚性か???【お互いの背景を理解し合えていることです】  

近年,「職員がチームとなって頑張りましょう」とスローガンの元,チーム◯◯といって働く職場が多くあります。 チームとして職員が一丸となって動いている,例えば,行事の時に一人ひとりが“自分にできることはないか”と考えて動く,これがチームとして機能し…

【本の紹介】斎藤喜博『授業』から学んだこと【授業とは子どもとの創作活動である】

4連休,斎藤喜博先生の本を読みました。 斎藤喜博先生の『授業入門』『授業』『授業の展開』の3冊です。 斎藤喜博 授業 (人と教育双書) 作者:斎藤 喜博 発売日: 2006/12/01 メディア: 単行本 斎藤喜博 授業入門 (人と教育双書) 作者:斎藤 喜博 発売日: 200…

【教員の働き方】とにかく疲れを次の日に残さないことが大切【疲れがたまった状態で良い教育はできない】

4連休,外出自粛をしているイケミです。 久しぶりの連休で疲れがどんどんとれていきます!! 休みの大切さをひしひしと感じています。 教員の仕事が多忙化していることがあちこちで言われていますがやはり,これは問題なことだと感じています。 教員の多忙…

【若手教師の戯言】教師の価値観を変える

今日は教師の価値観についての話です。 教師の価値観のみで子どもを見ないということはとても大切です。 なぜなら価値観を一旦置いておかないと,子どもの世界には入ることができないからです。 僕は子どもに「自分はありのままの自分でいていいんだ」と感じ…

学級集団で大切な事【一人ひとり役割をもち自己肯定感を高めていく】  

この記事は,学級集団において大切なことについて書いています。 キーワードは“自己肯定感”です。 先日,学級の歴史学という本を読み,筆者は“どの家庭環境・地域環境・経済格差関係なく,効率的に勉強を教えるシステムとしての学級は変わるべき”と述べてい…

先生がつぶれないために必要な考え方【きつくなったらマクロ&俯瞰&客観&冷静沈着】

先生という仕事をしていると,様々な要因により,自己否定に陥る可能性があります。 この自己否定は,うつの状態にもつながる非常に危険なサインです。 このブログでは,そうならないための考え方について書いていきたいと思います。 1 先生がつらくなって…

【ちょっとひと工夫】学校で行われるお楽しみ会の在り方【目的は,共同体感覚の醸成です】

一学期もいよいよ大詰めです。この時期になると小学校ではよくお楽しみ会が行われます。 お楽しみ会と聞くと,多くの人は「先生がおやつを買ってきてパーティーをする」「おかし作りをする」など,『いつもとはちがったことをして楽しむ』という人達が多いよ…

子ども理解がなぜ必要か,その理由と方法【教師には絶対的に必要なスキル】

おはようございます。イケミです。 最近,子ども理解にとても関心があります。 子ども理解はなぜ必要なんでしょう?またどんな方法で理解していくことができるのでしょう? 1 なぜ子どもを理解することが必要か? 2 子どもを理解するための見方 3 常に問…

長野県教員採用試験【今年のテーマは“チーム学校”】

この前の土日,教員採用試験だった自治体は多くありました。 僕が住んでいる長野県も教員採用試験が行われました。 僕の弟の友達が試験を受けたようです。 小論文または集団討論では“チーム学校”というテーマがあったようです。 文科省HPでも,これからの学…

【若手教師の戯言】教師がブログを書く理由【教師の価値観のみで子どもを見ようとしない練習】

この記事は,教師である僕がブログを書く理由について書いています。 昨年の5月からブログを始めたイケミです。 いつの間にか1年が過ぎていました。 教師である僕がブログとして教育に対して考えることをウトプットしている目的は 【より良い教育について…

【疑問】個性重視の教育っていうけど実際はどうなの??【何でも“個性です”だけ言うのは浅はか】

この記事は個性重視の教育について,どのような個性重視の教育について考えていきます。 先日Abema TV であるニュースを見ました。 abema.tv ここでは,校則の是非にも議論されていて,僕自身もとても考えさせられました。 ブラック校則について言えば, “そ…

【子どもの見方】休み時間もひたすら勉強する子について考える

今回も教師としての【子どもの見方】について書いていきたいと思います。 今日の事例は,“休み時間も時間を見つけて勉強する子”というテーマです。 では,いきましょう。 前回の記事はこちら ↓ www.ikedisk.com 1 子どもの事例 2 その子をどう捉えるか 3 …

【子どもの見方】責任感のある子どもって良いのか???【誰のための責任感なのか?】

最近の記事では,お互いに理解し合うことができる関係を重視した学級経営について考えてきました。 www.ikedisk.com www.ikedisk.com 今回の記事では,これらを踏まえ,僕が子どもをどのように見ているのかについて,具体的な事例も含めて書いていきます。 …

【学級づくり】子どもどうしがお互いに理解し合う関係になるために必要なこと②【全ての人が特別な存在&一律でなくて良い】

昨日の記事では, 子どもどうしがお互いに理解し合うことはなぜ必要なのか? 教師が願いを強くもちすぎるとうまくいかない理由 について書きました。 まだ読まれていない方は,こちらの記事をご覧ください。 www.ikedisk.com 今度は,実践編です。 ① 子ども…

【学級づくり】子どもどうしがお互いに理解し合う関係になるために必要なこと①【異質ウェルカム】

突然ですが,クラスなどのコミュニティで大切なことってなんですか? 僕が大切にしていることは,“そのコミュニティに所属している人どうしがお互いに理解し合っているかどうか”です。 「そんなのめんどくさいし,仕事なんだから理解し合うなんてあまり必要…

【即効性あり】一斉授業の以外にもっと学びやすい方法はある【子どもの実態に応じて変えていく】

この記事は,普段学校で当たり前に行われている“一斉授業は限界があるのでは?”という内容です。 理由としては,まず一斉授業を成立させるためには,非常に多くの必要条件があるからです。 また,みんなで全部一緒にする必要って果たしてあるの?という問題…

【学級経営】クラスで大切にしたい意識について考える【①自分のレベルアップ②気持ち良く生活するこそ超重要】

この記事は,教員3年目(講師経験を入れると5年目)のとある教員が,教員方針について考えたことを書いてあります。 以前,先生として“自分の軸をもつことが大切”と書きました。 その理由についてはこちらの記事をご覧ください。 ↓↓↓ www.ikedisk.com では…

【読書のススメ】非認知能力を育むために学校では何ができるのか??【HELPING CHILDLENを読んでみて】

先日,「HELPING CHILDKEN」という本を読みました。 私たちは子どもに何ができるのか ― 非認知能力を育み、格差に挑む 作者:ポール・タフ 発売日: 2017/09/06 メディア: Kindle版 この本は,“非認知能力”と言われるテストの点数など数値として測ることができ…

【教員向け】学習規律が身についた=自律なのか???【それって先生や学校の都合では???】

この記事の内容 この記事は,学習規律と自律の関係について書いています。 前回の記事で,学習規律とは, ①大人の都合により学習を効率的に行うために必要なもの ②生活していく上で必要なこと の2つあることについて書きました。 まだ読まれていない方は,…

【教員向け】学習規律はなぜ必要か?【チャイムや授業はじめ・おわりのあいさつから考える】

この記事の内容 この記事は,学習規律の必要性について,チャイムや授業のはじめ・おわりのあいさつをもとに書いています。 1 チャイムやはじめ・おわりのあいさつは必要か? ①チャイムあり・あいさつありのメリット【学習規律】 ②チャイムなし・あいさつな…

【教員向け】学校の働き方改革の意義【①ストレスフリーな仕事②持続可能な仕事】

学校での働き方改革が話題となっています。僕も現場で働いていて「早く帰る」ということを意識しています。実際はなかなか帰ることができませんが笑 それでも,できるときはなるべく早く帰ることを心がけています。 働き方改革を積極的に行なっていくことは…

【学校の人間関係の悩み】教員どうしの人間関係が悪化する理由と激減する方法【学校現場を風通しの良い場所に!!】

この記事の内容 この記事では,教員どうしの人間関係が悪化する理由と激減する方法について書いています。 同じ職場の人に陰でコソコソ愚痴を言う人がいます。 なぜ,そんなことが起きるのでしょうか? そこには,学校の年功序列というシステムや,同調圧力…

【教員採用試験対策】小論文を迷わず書けて高評価をもらえる方法【書き方と自分自身の経験談があればOK】

この記事の内容 教員採用試験の一次試験には“小論文”がある自治体が多いです。 この“小論文”ですが,1回コツを掴むと,スラスラ書けるようになります。そのために必要なこととして,①書き方のコツを知ること②自分自身の経験談を用意しておくことがあります…

【必要】学校の朝の会での健康観察を一人ひとりの名前を呼ぶ理由【子どもの心と体の調子を知る】

この記事の内容 学校では,朝の会に必ずと言って良いほど「健康観察」の時間があります。この健康観察には様々なやり方がありますが,僕は「一人ひとりの名前を呼ぶ」という方法で行なっています。 時間がかかりますが,そこには明確な意図があります。 それ…

【人間関係】教員として働くことが辛い人が困ったときに頼るべき人【自分の価値観に共感してくれる教員】

この記事の内容 学校現場でのうまくいかないということについて,主に職場での人間関係が大きく関係しています。 特に同僚との関係は大きいです。 「教員として働くことが辛い。だけど,教員として働き続けたい」と思われている方は誰に頼れば良いか,自分の…

【教員採用試験対策】最短で高得点をとる一般教養・教職教養の勉強法【見るだけ勉強法】

この記事の内容 教員採用試験まで約1ヶ月になりました。一般教養・教職教養などの筆記の勉強も大詰めではないかと思います。 一次試験は筆記で点数を稼げると,かなり有利になります。僕は,集団討論と二次の個人面接であまり良い結果ではありませんでした…